FC2ブログ
アラフォー女のひとり言。旅、美味しいものとか。
page top
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
アロマテラピー検定 ⑥ まとめ
受験が終わって

ヘロヘロになって町をウロウロ。

そして、考えました。

結構簡単でした。聞いてはいたけれど。
でも、
確かに決して難しい問題ではないけれど、一定の勉強は絶対必要です。
甘く見ていると、落ちるなあと思いました。特に一級。

私は購入した問題集は全て解きましたが、違う著者の本を2冊買って隅々まで
やること、できれば繰り返しやれば完ぺきと思います。
実際の問題ではひねったものはなく、ほとんどは何処かで見た問題でした。
いろんな事項を広く確実に覚えることが大事なんだろうなと思いました
過去問を集めたサイトも有効でした。
スマホでできるので、隙間に勉強できます。

悔やむのは香りテスト。。。
もうちょっと早くから真面目にやっときゃよかったです。

何にしても、勉強したことは
今後の生活に活かせることなので
受験して良かったと思います。
何より久しぶりのこの緊張感、いい経験になりました😃

さて、合否については6月上旬に送ってくるそうです。どうでしょうか?

20150517161034946.jpg
スポンサーサイト
page top
アロマテラピー検定 ⑤ 試験当日
5月10日 日曜日 。検定当日。

会場は実家から近いので、ギリギリまで粘って勉強。
一級は午後2時からですが、1時過ぎには会場が開くので
早めに行きました。

準備したのは、受験票。
HBの鉛筆数本と、シャープペンシル1本。
消しゴムが小さいのしかなくて、途中で無印のを買いました。
それに、
参考書の別冊と、自分でまとめたノート。腕時計も。

ノドが乾いて缶コーヒーを買ったものの
香りが分からなくなるかも?と結局終わるまで飲みませんでした。

久しぶりのドキドキ感が。。。

会場は、小さな会議室が数階に渡って貸し切ってあり、
私の部屋には20名ほど。全員女性でした。年齢も雰囲気も様々。
自分の席には、番号札があり、受験票と合わせて置くよう指示がありました。
時間までは、ノートを読んで最終確認をしました。

時間近くになると、若い女性の試験監督から細かい指示がありました。
一つ一つ丁寧ですが、厳しさも感じました。

試験は、

最初10分が香りテスト。それぞれ小瓶に入った①と②の精油を嗅いで
それぞれ4択から答えます。

最初に問題を見たとき、選択肢は、①②ともにほぼヤマをはった精油名のオンパレード。。
これだと消去法ができません。。😭😭
それでも、
②の方が簡単そうだと思い②から嗅いでみました。

うーん。自信ないです。😰

10分で小瓶は集められてしまうので、何度も交互に嗅いでみましたが、
確信には至らず。
それでも、遠くに香ったものを手掛かりにマークシートに写しました。

その後は60分間の筆記試験。
内容は著作権侵害に当たるので、触れられませんが。
そんなに紫蘇が好きなのかよ!!と一人ツッこんでおりました😁
今年は、精油のプロフィールと環境からたくさん出題された感じです。

表にまとめておいて良かったと思いました。

3回ほど見直して、マークシートとも照らし合わせて、アンケートに答えて
ちょうど時間くらいでした。

問題は参考書より遥かに簡単だったので、ほぼ合っているかな。。
2問ほど悩みましたが、間違っていても多分大丈夫。
香りテストは、、、、一問は間違えてる。きっと。

終わってからの疲労感は結構ズッシリ。。3階だったので
階段を使ってさっさと会場を後にしました。







page top
アロマテラピー検定 ④ 精油の香りテスト
連休明け。

ただでさえ仕事も忙しいのに、疲れて家に帰ってからも勉強。。

何してるんだろと思ったり。

でも

意欲づけに友達や同僚にも受験することを話してるので
勉強しなきゃいけない。。
気持ちを奮い立たせ頑張りました。

精油のプロフィールは、ユーカリは、フトモモ科でオーストラリア原産、刺激があって
葉から抽出される、という風に

科から産出地、抽出部位、エピソードなども含めて覚えます。
これが結構面倒臭い。。
似ているものも多いし、抽出部位はものによって違うので混乱しやすいんです。
これは、こまめにノートに表にしまとめて覚えました。これが結果的に良かったです。

フランキンセンスとミルラは、カンラン科、、、

リリーフランキーとミイラが観覧車に乗っているイメージで覚えました😅😅


しかし、

問題は、

香りテスト。。。

何度嗅いでも分からない。


ラベンダーとかペパーミントとか、
有名なのは分かりますが、それでも、私には難しいテストでした。
どれも、似ているように感じるのです。
それでも、
セミナーで頂いた香りを参考に、小さいパウチにそれぞれ香りを垂らした
コットンを入れて、表に精油名とプロフィールを書いてみました。。。。
それをシャッフルして覚えようと思ったんです。

でも、分からない。ちんぷんかんぷん。。。

これ、いいアイディアと思ったんですが、パウチが100均のだったからか
匂いだだ漏れ、上に書いたプロフィールも滲み出し、溶けて大変なことに。。。
袋は破けてないのですが、浸み出してる感じです。失敗。。

精油は大理石も溶かすそうなので当たり前ですね。

ただ、プロフィールと香りの暗記にだけは役立ちました。

もうやけっぱちで、
ネットの情報から、香りテストにヤマをはりました。

例年の傾向から、前回の答えはない、連続で同じ答えはない。また2級の答えと1級の答えは違う。
高価な精油は出ない、などの条件を書き出しました。

ここ数年の傾向から、今年の本命は

ベルガモットとクラリセージ
対抗にレモングラス、ローズマリー、大穴にユーカリ

私個人的な見解です😀

まあ、でも分からないときはここから選べばいいかな、くらいの気持ちになりました。
香りテストは、1問4点、他は2点で全体で8割取ることが合格の条件です。
香りがダメなら他で取るしかないなあ、と思った次第です。

※テストを終わって
意外とヤマは当たってたと思いますが、やっぱり嗅ぎ分けられませんでした。
page top
アロマテラピー検定 ③ 学習方法あれこれ
参考書は買ったものの、仕事を言い訳に本腰を入れられない私。

本をながら読みすると、

試験では、各精油のプロフィール、アロマテラピーの歴史、アロマオイルが
人体にどう影響するのか、法律、環境問題など、

アロマテラピーに関する幅広い知識を問われるらしい。

そして、

試験には、精油を嗅いで名前を当てる問題が出るのです。

201505171023494f5.jpg

こんな感じで、試験のために精油のセットも売られてます。

私はア⚪︎ゾンで購入。

ざっと参考書を読んだところ、
まず、環境問題や脳科学、人体、歴史くらいは、大丈夫かな?
精油のプロフィールと香りが問題だな、、、という印象でした。
香りは好きだけど、鼻悪いんです。ワタシ。

でも、暗記は割と得意。日頃新聞読んで常識あればイケる!なんて。。。

試験には2級もあるのですが、比較的合格率も高いから
いきなり1級から。5月の受験は、3月半ばまでに申し込む必要があります。
あまり深く考えず、受験するなら今年!とネットから申し込みました。
受験料6480円也。2級も同じ値段で、併願もできるようです。

それから、問題集を解きつつ参考書で確認して、苦手なところをノートにまとめる、
を繰り返しました。これが5月に入ってから。

学習を進めると
問題には一定の法則というか、出やすい問題がかなりあると判明。
例えば、イランイランは花の中の花と言われる、レモンやベルガモットには光毒性がある、とか。
それで、過去問はないかとネットで探したり。

私は、http://www.aromainfo.jp ここをよく覗いて問題を解きました。
(ただ、試験数日前からめちゃめちゃ重くなって、繋がりにくかったです。)

歴史や脳科学などは、学生時代得意だったけど、
アロマに特化した歴史や脳科学だったりするので、もう一度整理する必要がありました。
自分なりにまとめたノートは、絵を入れたり図を入れたり、結構楽しんで作成。

各精油のプロフィールも関連させて
学ぶと結構楽しかったです。

ただ、やっぱり何も勉強してないと全くわからないです。一般常識だけで合格は無理!
ということは、勉強すればするほど、分かりました。

勉強自体は、楽しかったので、もう少し早くから準備すれば余裕があったと思いますが。。。
仕事をしながらだし、直前にならないとしない性格だし。

しょうがないです(笑)
page top
アロマテラピー検定 ② セミナーに参加
4月。

地域で行われたアロマテラピーの無料セミナーに参加しました。

アロマを医療現場で活かしておられる方の講話と
バスボム作り!

本当に無料でいいの!?と半信半疑でしたが

内容も充実していて、とても良かったです。

アロマは、産後ケアやがんの痛みに苦しむ方の緩和にも
使われているんですね。

大阪からいらした講師の方とも直接お話して
アロマの可能性を感じた一日でした。

自分で作ったアロマスプレーやバスボム、大事に使おうと思いました。



page top
アロマテラピー検定 ① 受験勉強 参考書編
先週、アロマテラピー検定1級を受験してきました。

http://www.aromakankyo.or.jp/licences/aroma/index.html

備忘録がわりに記録します。

私の場合、直接、仕事に関係ないのですが、

20150517101712489.jpg


小さい頃から香りに興味があった私。アロマテラピー検定なるものに挑戦しようと
思ったのが、一昨年くらい。

特に転職に有利というわけでもないようですが、
合格率80%以上、独学でもいけるかな?ぐらいの軽い気持ちでした。

そこから少しずつ参考書を揃えたり、ネットで情報を集め始めました。

参考書は、本屋でも買いましたが、主にBOOKOFFやオークションで。

20150517102346a7d.jpg
20150517102348e87.jpg

最初にこの2冊を買いました。特に教科書の方は、化粧水や入浴剤の作り方が
載っていて興味深かったです。受験用というより、知識を深めるのに良さそう。

問題集は、試験直前に大活躍でした😅
模擬問題が充実していて、試験直前に見直せる別冊もよかったです。

他に手に入れたのは、

20150517102732ef9.jpg

上の本に似てますが、著者も出版社も違います。
私は、BOOKOFFで買ったので、この旧バージョン。
最初にざーっと流し読みしたのは、この本でした。必要な情報がコンパクトにまとめられていて
分かりやすいと思いました。

20150517102731110.jpg

これは、文庫本サイズなので持ち歩いて隙間の時間にできるかな、と購入。
⚪︎×式なので、知識の広がりにはならず。実際の試験は4択なので、私的には微妙な評価です。
ただ、予想通り持ち歩きには良かったです。勉強始めの確認に良いと思いました。

私は、本格的に勉強を始めたのは、3月の終わりから。ただし、4月は仕事が忙しく
ほとんど勉強できませんでした。がんばったのは、ゴールデンウイークの後半から。

正味2週間くらいの勉強で受験に臨みました。






page top
ゴールデンスランパー
BSにて。

20150517194512526.jpg

過去を懐かしく思い出しながらの大脱走。
あっという間で、面白かった。

時間があっという間でした。
page top
山田の藤
玉名市の藤を見に行きました。

201505171448034e7.jpg

201505171449337ce.jpg

初めて見ました。薄紫色って好きです。


page top
玉名 山田の藤
20150817084023b30.jpg

母と妹連れて藤を見に。
熊本県玉名市の山田の藤です。

201508170840208cd.jpg

20150817084007253.jpg

見事な藤でした。4月後半からが見頃です。
© 一期一会. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。